向かい風に飛び乗って

THE リマインズのボーカル・ギターたけうちより

今日も見に来てくれてありがとう。

2017年01月

ツチヤイホ、レコ発、下北沢、ありがとうございました。今日もあの場で出会えて良かった。それ以上もそれ以下もないです。ありがとね。

今日ライブで少し話したけれど、結局この世はすべて「運」だと思う、と言いました。運がすべてだ、みたいなこと言いました。誤解を恐れずにいうと、本当にそう思うことがいろいろあって。努力でどうにもならないこともあるし、頑張っても無理なこともある。願っても、祈っても、結局、運がすべて。というか。頑張れるというのも、そもそもその人が頑張れる環境にいられる運。頑張れる才能と頑張れる遺伝子を持ってる運。逆に、頑張れないのも運。誰かと出会えたのも運。もう会えなくなるのも運。それは努力でどうにかなる部分もあるとは思うけど、そもそもその努力ができるかどうか、は運。

だから何が言いたいかと言うと、運だけが頼りだってことが言いたいわけじゃなくて、今あるすべてに、今のすべての運に感謝して生きていきたい、と思いました。ということです。ぜんぶ奇跡だと思います。おれが今見ていることも感じていることも出会った人も起きている出来事も、ぜんぶ運による奇跡の集まりだと思います。ぜんぶそうなんです。明日も、皆様にとって素敵な一日になりますように。願ってやみません。おやすみ。






mixiチェック



あれからもう3日過ぎたけど、ツアーファイナル横浜編をもって、今回のツアー全日程終わりました。FAD横浜に来てくれたたくさんの人たちマジありがとう。ツアー先で出会ったり関わったりした地方各地の人たちも結構遠くから横浜に来てくれたりしてて正直すげーなって思った。そういえば俺も去年の10月にLOOKLIKEのツアーファイナルを大阪まで見に行ったんだ。だからなんとなく気持ちはわかる。から嬉しかった。



FADというライブハウスはまだまだ俺たちには広すぎる場所だけど、今回はどこを見ても床が見えないぐらいみんなの顔ばかり見えたからなんだかとても嬉しくて、泣きそうにはなってないけど、泣きそうになりそうになりました。たくさんのダイバーが飛び交う中、ヴァジリアントマトのワタルダイバーや、ユタ州のロングダイバーや、ACBのパインダイバーの姿までもが見えて、ちょっと笑いをこらえながらも込み上げてくるものがありました。出演者はどのバンドも良くて、どんな状況でもブレずに突き抜けられるバンドって本当にかっこいいなと思い笑えました。打ち上げの記憶はあったりなかったりするけれど楽しかった記憶しかないのでまあいい打ち上げでした(笑)打ち上げで死んだ元気堂の田中は、横浜市内の家に着くのに電車で7時間以上かかったらしいし、いつもだったらあんなにも偉そうな口調や態度をするくせに、帰りぎわ俺に向かって「お疲れさまでした。ありがとうございました。」って敬語で挨拶してきた。(笑)あー楽しかった。







俺たちはみんなひとりひとり自分だけの宇宙があって、その宇宙をたった一人で生き抜いている主人公みたいなもんだと思います。自分以外の登場人物は全員脇役で。みんなひとりひとり自分が主役の世界で生きています。だから、いつだって自分の宇宙のど真ん中を、常に堂々と進んでいきたいし、みんなにもそうあってほしいと思う。なんか偉そうだけど。
 

周りに染まるなよ、流されるなよ、しっかり自分を持って。自分の宇宙は自分で作っていくしかないのだ。と、改めて自分にそう言い聞かせて、宇宙には上も下もないツアー、おわり。ありがとうございました。





(FADのスタッフのみんな、本当にありがとね。)

(尾藤、たっつん、あんり、ありがとう。これからもよろしく。)


ボソッ。










mixiチェック



名古屋、セミファイナル!おわり。関わってくれたすべての人たちモノたち、ありがとうございました。
がしきりに舞い散る中、 たちをなかなか帰らせてくれなかったアクロバット★少年の3人のせいで、打ち上げ最終的に翌日の昼までやって、意識朦朧のなかカラオケボックスの駐車場で名古屋セミファイナルは幕を閉じました。


リマインズのロゴみたいなやつを顔に書いてきてた人がいたので写真を一緒に撮ってくれとお願いしました

ライブは攻め攻めのセトリで俺もかなり楽しかったしみんなも楽しんでもらえたかな?あとみんなまあまあ酔っ払ってたけど俺は言いたいこと言ったけど聞いてたかい。


とりあえず写真













名古屋で、遠距離の他人と他人が繋がれたのは素晴らしかった。大阪のバンドや京都の"バンド"や名古屋のバンドや東京のバンドや、、、そして名古屋で待っててくれた皆、そして県外から遊びに来てくれた人たち、ありがとね。雪で大変だったろうに。感謝。感謝感謝感謝。結局のところ感謝しか残らないなぁ、ただただありがとうばかりだ。



JUNIOR BREATHのホシヲさんがライブ中のMCでしゃべってたことが今でも心に残ってるので書いておきます
「回り回って攻撃性のあることを歌えなくなってきて、ラブソングを歌うことが一番攻撃的なんじゃないかと思った」
みたいな感じだったと思う。



人に感謝すること 人を大切にすること 人を愛すること、回り回ってこんな当たり前っぽいことがとても難しいことで、それを相手に素直に伝えるのはさらに難しいことで、それができたら攻撃力抜群すぎ。俺もそうありたいと思った。攻撃的になりたいさ!これからもたくさんの人やモノに感謝しながら音楽やっていきたい。ただ、その中でも他人は他人だし、自分は自分だしね、だからお互い頑張ろう!それぞれ。 他人の人生に干渉はしない。まあ俺は俺なりにこれからも頑張るから、皆も皆なりに頑張ってね、お互いがんばろう。それだけだよ。


ただ、俺たちの音楽はみんなの人生に鳴らしといたほうがいいと思います。



1月21日、横浜F.A.D。横浜のバンドが横浜のライブハウスで大切な一戦をやる。よろしくお願いします。














mixiチェック

今日はFADに行ったら友達がとにかくたくさんいた。最近たくさん友達できた気がする。いいことだ。俺たちにも友達できるようになってきた!笑
みんなみんなライブおつかれさまでした。明日は俺たちの番じゃ、名古屋。


ただいま東名高速道路下り、太平洋がすぐ左隣に見えるあたり。たぶん由比あたり。ロケーションは最高。心のロケーションはぼちぼち。明日が楽しみな気持ち、と、楽しみにしてた分明日が終わってほしくない気持ち、の半々。つまり100パーセントが楽しみという感情が関わってますね



今、車内で少年ネバーマインドというバンドの「生きる」という曲が流れていて、なんだかそれをぼんやり聴いてる。名古屋に昔いたバンドでした。尾藤とたっつんは後部座席で寝てるっぽいです。どんな夢みてるのかな。杏里は運転してる。


人が寝てるところを見ると、どんな夢みてるのかなーと思ったりする。まったく夢みてないのかもしれないけど。でも起きた時に忘れてるだけで、きっといつでも夢をみてるんじゃないだろうか。今もきっと。彼らのまぶたの奥に広がってる世界はどこにつながってるんだろうか、そんなことを思いながら、眠気のやって来ない俺のまぶたを覗き込んで名古屋のいろいろをちょっとだけ考えていた。いよいよ、名古屋で俺たちのイベント。ついに。もう今さら言うことない。


今までの名古屋でのいろいろに想いを馳せるのは今晩のうちに俺はすべて噛み締めて、明日はまあテキトーに下ネタでも頭に浮かべながら歌いますね。もしライブ中ニヤニヤしてたらそういうことです。


よろしく大切な場所













mixiチェック

SUNDAYSが解散するっていうのでMarbleに行ってきた。俺たちの前回のツアーファイナルにも出てくれたし、横浜でいろんな夜を共に越えてせっかく仲良くなったのにね、どんまい。


バンドが無くなるっていまいち実感わかない。無くなっても人々の心にはずっと在り続ける、ってか。目には見えない形で音楽はこれからも鳴り続けるってか。形あるものはいつか必ず無くなるものだってか。



もともと形なんてないしね、音楽もバンドも。あるとしたらどんな形なのかな、丸くて、とんがって、いびつなのさ?ですか。



もともと心にだけ在り続けるし、最初からずっと鳴り続けてるし、これからもずっと鳴り続ける。


もっともっと音楽を愛したい。













mixiチェック

↑このページのトップヘ