向かい風に飛び乗って

THE リマインズのボーカル・ギターたけうちより

今日も見に来てくれてありがとう。

2015年02月

2日連続の投稿。

都営副都心線、新宿三丁目から只今電車乗りました。元住吉に着くまでに書き終えます。東横線と直通になってから、新宿にずいぶん慣れてきたけど、まだまだ苦手だな、新宿。


今日は今日で、高校の友人と会って、いろんな話をして笑った。この歳になって会う高校時代の友達はおもしろい。そのひとり、彼はセネガルから帰ってきて、今月からは再びアフリカへ。今度はケニアに住むらしい。特にケニアに所縁がある人間というわけでもなく、ただただ人生は人それぞれ、自由に選択できるということを生き様で表してくれるヤツだ。彼自身で切り拓いている道だ。俺が女ならきっと彼に惚れてるけど、俺は男で、ある意味よかった。

2015-02-04-23-29-08





話は変わるが、今日の昼下がり、ラーメン屋の仕事中に、いい感じに酔っ払ったおじいちゃんが来店して、とても面倒くさかった。(自称81歳)
カウンターだけのラーメン屋なのに、何も気にせずダラダラ居座って、店員につまんない話をベラベラ話しかけてきて。こっちは仕事中だっつーの。


ラーメン屋なのに、ラーメンを頼まずに、終始ビールばかり。ホント迷惑な客だ。楽しそうに昔話を独り言のようにしゃべってた。おじいちゃんて昔話がホント好きだよなぁ。



でも俺はおじいちゃんの昔話が、なんだか気になってた。おじいちゃんの遠くを見ながら独り言のように語る昔話。そしてその眼差し。なんだか、帰れクソジジイ!と片付ける気になれなかったのだ。


どうやら呑み屋と勘違いしてるのか、俺のことを「マスター」って呼び、バイトの女子大生のことを「奥さん」って呼んでた。その子に「キレイだねぇ」と口説いたり、「この商店街を8往復してきたんだ」とワケのわからないどうでもいい自慢話。




おじいちゃんボケちゃってるのかなぁ。それとも、酔っ払ってるだけ?
それとも、昔を思い返して夢に浸ってた?

自分の息子の話、孫の話、自分の若い頃の話、昔のこの街の話、お金の話、酒の話、女の子が大好きだって話、毎晩女の子に50万円使ってるって話(多分ウソ)、

いろんな話をひとりでしゃべってた。


昔自分は自衛隊員だった、とか
函館出身で、函館の飛行場を持ってた、とか、
自分の退職金を息子がマイホーム建てるのに使ってしまった、とか、



なんかぜんぶぜんぶぜんぶ、昔話。


昔話しか出てこないよ、おじいちゃん。



おじいちゃんは未来を見ていない。おじいちゃんが見てる遠い空は、過去だ。



「みーんな、なくなっちまった」

とボソッとつぶやいて、


マスターごちそうさまーと言ってビール4杯飲んで帰っていった。



ドラマ「北の国から」でいうと笠松杵次みたいなおじいちゃん。(わかるひとにはわかる)


おじいちゃん、奥さんの話してなかったけど、奥さんいるのかなぁ?もしくは、いたのかなぁ?




おじいちゃんの帰っていく背中を見て、俺は不意に、長渕剛の「西新宿の親父の唄」が脳内BGMで流れ始め、それから夜になっても未だに1曲リピート設定でずっと流れてる。



俺たちはまだ未来があるし、俺たちが見る先は未来だ。何処へでも行けるし、何にでもなれる。なんでもできるし、どうにでもなる。




ケニアに行っても元気でな!また新宿で笑って会おう。



「やるなら今しかねえ〜やるなら今しかねえ〜66の親父の口癖は〜やるなら今しかねえ〜」


いつになったら鳴り止むのか、このBGMは、、、俺はひとりたった今、元住吉のホームに降りたった。







mixiチェック

最近ブログ放置してたな。丸々一ヶ月も。もう1月(JANUARY)終わっちゃったんだね。
こうやって待望の未来を二度と戻れぬ過去にあっという間に素早く変えていってしまう、そんな優れた才能を持っているのはきっと俺だけじゃないはず。

すっかりお正月気分からも抜け出し、会社員の皆さんせわしない年度末生活を送っているところでしょうか。おつかれさま。がんばれ。受験生や就活生は命懸けの日々。おつかれさま。がんばれ。大学生は冬休みボケからの春休みボケで海外旅行ですか。おつかれさま。がんばれ。大丈夫、俺は常に現実ボケしてるからお前以上だよ。大丈夫、がんばれ。


今年は俺にとっては年末も正月もなかったので、もうよくわからないけど、2014年が未だに終わってないような、そんな2014年の14月4日を今、過ごしています。去年からの日々の連続が未だに継続している。なんだろ、このまま2014年があと3年ぐらい続いて、2017年ぐらいで、俺はやっと2015年に入れるようになるかなといった心境。気持ち的にはそんな感じ。


1月はと言えば、ここに書ききれないほどたくさん、特筆すべき出来事がありすぎた。だから、もうつまりは書ききれないのだけれどさ。
でもよくよく振り返ってみると、やっぱりそんなになかったかもしれない。

どっちだよ。って感じだけど、それすら俺にはよくわからないのだ。


2015年になっても2014年とたいして変わりはないが、強いて言うならば変わったことは、アコースティックライブをたくさんやるようになったこと、
バンドのライブ中に見える景色が俺の中でいい意味ですごく変わって見えるようになったこと、
バンドのCDの売れ行きが良くなりまくっていること、(もっと買ってお願い)
個人的に髪の毛を自分で切るようになったこと、
ライブ中のマイク激突が原因で前歯の差し歯がとれてまた仮歯状態に戻ったこと、
2年住んでいる家を遂に今月引っ越す決意をしたこと、
それに伴い、持ち物を減らすようになったことと、昔ながらのコレクター癖から脱却したこと、
だからというわけではないけれど、思い切った決断で部屋のCDを1000枚近く売ったこと


これらひとつひとつは、どれも一つ残らず俺の心にしっかりと刻み付けられた思い出たちです。ありがとう。二度と戻らぬ思い出。


俺は思うよ、たかが引っ越しひとつとっても、それは俺にとっては大切な人との別れと同じだから、
このフローリングの木目をもう二度と見ることはないだろう、
電気が消えて真っ暗闇でも探し出せたあの壁のスイッチの位置も、
玄関の鍵を右にひねった時になるあの感覚も、
もう一生の別れだ。ありがとう。南無。


なんだか話が逸れてきた。

なんだか泣けてくるよ





1月の話。


1月なんてライブ、横浜、名古屋、東京、各1本ずつの計3本しかやってないのにね

それでも今、バンド的にとても忙しいと言っている。というのはつまり意味深長な何かが潜んでいると思っていただいて差し支えないです。

なんだか毎日布団の前でぶっ倒れて、布団入ったら10秒でお迎えが来て、15秒で旅立つような感じ。今だって体を倒した瞬間におじいちゃんが俺の元へ迎えに来るよ。
数時間後に地球が半回転して明るくなると、永遠に朝なんて来なければいいのにと夢うつつに思う反面、降り注ぐ爽やかな光を恨めしく思うことはあまりない、そんな希望に満ちた毎日です。
とてもわかりやすい表現できた。

そんな感じだよ。



まだまだこれから、楽しいことがたくさんありそう。いや、知らんけどね。たぶんあるよ。それを拾うか取りこぼすかはどうぞご自由に。お前ら次第だ。

残念ながら俺はきっとたくさん取りこぼすよ。だってまだまだ俺はやりたいことが100パーセントできてないから。明日も起きたら仕事に行くよ。できることなら行きたくないし、仕事よりもやりたいことは実はあるんだ。


お前は何のために働いてる
俺は何のために働いてる
知るかボケ
俺は生きるために働いてる


お前は何のために働いてる
どうでもいいけど。







今日は気の置けない友達と会った。俺は改めて明日からの戦いをこいつらのためにも逃げ出さないと心に決めた夜更けであった。

2015-02-03-22-21-39

2015-02-04-01-45-19

2015-02-04-01-43-33




mixiチェック

↑このページのトップヘ