おす!またしても久しぶりの更新になってしまった。3デイズ東北遠征から帰ってきて、久しぶりに自分の布団で寝れると思ってたのに、まだ寝るはずもなかった時間にソファーで気づいたら寝てしまっていた。3日間溜まった洗濯物を洗濯機にぶっ込んで回しながら3日間のことを振り返る深夜28時30分。東北のある子がブログ楽しみにしてるのになかなか書いてくれない、とボヤいていたので、しょうがないから書くわ。(照れ隠し)ズボンのポケットに入っていたライブハウスのパスや、各種カードや、お札、それから3日間の思い出を間違えて一緒に洗濯してしまわないように、しっかりと取り出してから。

今回はSTUNNERの「KADODE TOUR」の東北編3本。考えてみたら去年もこのKADODE TOURの東北編何本か一緒に行ったっけ。あれから1年、早いのが遅いのか。良くも悪くも、STUNNERとリマインズはまだ一緒にいるな、まだ一緒のステージで戦っているんだな、と思ったりもするが、良くも悪くも、ではなく、良くも、だと確信できた3日間だった。具体的なことは書かないし書けない。ごめん。

STUNNERの髙木正典がMCで言っていた言葉「KADODE(門出)は3月だけじゃない。5月でも10月でも、いつだって自分次第で新しいスタートは切れる」、不思議なもので毎日いろんな言葉や会話を耳にしているが、耳から頭までたどり着く言葉と、耳から心にたどり着く言葉があって、自分の経験や環境というフィルターがどちらのルートを通すのか選別するらしい。頭に届いた言葉はすぐに忘れるようになっているし、心に届いた言葉はやけにしぶとく心に残るが、心のキャパシティは小さいから心ルートに来る言葉は少ない。

2日目の酒田でのライブで、正典のその言葉が心に届いたから、リマインズは3日目に「1月になったから」という曲を歌った。セットリストは3日それぞれでかなり変えた。それは、たくさん曲があるから、というより、今の気持ちを何よりも優先したいから。幸い去年24曲作ったからいろんな気持ちを代弁してくれる歌詞たちがたくさん控えて眠ってる。それが俺たちの今の取り柄だとも思う。

後悔しないように生きろ、とよく聞くか、そんなこと無理に決まってるだろ、と思う。後悔したことない人なんていんの?精一杯生きてるから思い残すことはない、という意味とはちょっとニュアンスが違う。あの時あれしとけばよかったな、とか、あの時あんなこと言わなければな、とか、人間なら誰でもあるはずだけど。でもね、本当に大事なのは、その後悔に気づいた時、だと思う。だから、今、どうするのか、ってことだと思う。それは今からどうにかするでもいいよね。今からできることをやればいいよ、と思うし、この感覚が俺の中では正典が言ったあの1行だった。見て見ぬ振りをしたり、もう遅いと諦めたり、先送りにしたり、そういうことをしてきたから。だから、すごい聞きたくないほどに聞こえてきた。それを始めるのがKADODEだとするなら、それに暦なんて関係あるわけないよね。

「歳を取ってくるとだんだんできないことが多くなってくる。体力的にも精神的にも環境的にも。ただひとつ言えるのは、今後の人生で今日が一番若いのだ。」って昔ホリエモンが言ってた。

今からでも遅くないはずだ。一緒にみなとみらいへ行こう。もう3月だけど。今ならクリスマスを二人占めできるかもしれない。そんなことを思った3日間でした。STUNNER、FREE CROSS、3日間ありがとう。SPLASH、2日間ありがとう。そのほかのバンドもありがとう。リマインズのみんなもありがとね。一緒に過ごせてよかった。

洗濯機から呼ばれたのでこの辺で。干します。




IMG_0130
FullSizeRender
IMG_0140